1.はじめに

食品衛生管理の場ではE&B、すなわちECOMIZER/Biomizerの両方を用いますが、その主体はBiomizerです。
危険な薬剤(殺菌剤等)を用いなくとも、私たちの健康に被害をもたらす洗剤を用いなくても十分にE&Bで事足ります。
新しい視点でこの食品衛生管理を見て下さい。
Biomizerは食品添加物のカテゴリーに入ります。

2.実際の使用例及び概略図について。


次の図、写真をご覧下さい。

3.食品衛生管理とBiomizer

(pH2.2~2.6、ORP1100mV以上、残留塩素20~60ppm)
(1)食品衛生管理の中心は殺菌です。その為遅効性、殺菌スペクトルの狭いECOMIZERではなくBiomizerを中心に備えてオペレーションを用います。
ECOMIZERは有機物の除去(油等含)といった脇役で活躍してもらいます。
(2)Biomizerは「食塩水」や「希塩酸」を電解質とし、水を電気分解することによってつくられる殺菌、溶存酸素含有水です。
(3)Biomizerはすでに多くの医療機関では※中水準消毒以下のレベルで使っています。
※中水準消毒とは芽胞菌以外の全ての微生物(細菌、真菌、ウイルス)を殺滅することです。
そういう意味から「環境保全型の強い殺菌剤」と呼んで良いでしょう。
(4)Biomizerの原理、製法はPCTで公開しています。参照下さい。
(5)Biomizerの殺菌効果テスト

表1 殺菌効果テスト

(6)Biomizerは殺菌スペクトルが広く、多くの薬剤に代替する事が可能です。そしてほとんど1分以内に殺菌を完了します。

表2

これまでは対象ごとに薬剤を変えていく必要がありましたがBiomizerだけで多くの菌に対応することが可能です。

(7)Biomizerは安全です。水道水の安全基準と比べて下さい。

表3

(8)Biomizerは残留性が低く、自然環境を傷付けません。
Biomizerは現在一般的に食品衛生管理の世界で使われている次亜塩素酸ソーダ以上の殺菌力を示します。
残留塩素濃度1000ppmの次亜塩素酸ソーダとの比較を次表に示します。

表4

4.Biomizerを用いた具体的衛生管理について

(1)生食用キャベツ、まな板、カウンタークロスをテストしました。(大手レストランチェーン店でのテストです。)
ア.テスト法は次の通りです。

イ.結果‐1(一般生菌)
(ア)生食用キャベツ(初日) 一般生菌数1g当り(基準100万以下)

(イ)生食用キャベツ(15日後) 一般生菌数1g当り(基準100万以下)

ウ.結果‐2(大腸菌群)
(ア)生食用キャベツ(初日) 大腸菌群1g当り(基準3000以下)

(イ)生食用キャベツ(15日後) 大腸菌群1g当り(基準3000以下)

エ.結果‐4(一般生菌数)
(ア)まな板(10㎠当り30以下)

(2)水産加工について
ア.冷凍の水産加工における衛生管理ポイントは、二次汚染を以下に排除するかです。
フィーレマシーンをBiomizer でシャワーしながら使用します。
イ.魚介類は鮮度や品質(色・食感)を損なわずに、殺菌・洗浄することが重要です。
Biomizerの使用については、魚類ごとに洗浄時間など工夫が必要です。
ウ.工場内での使用は次の通りです。
①従業員のゴム長、手指の殺菌に使用。
②器具(プラコン、まな板、包丁、ざる、容器等)殺菌に使用
③機械(スライサー、ベルトコンベア、成型台)殺菌に使用
④床、壁等の殺菌に使用

オ.鮭の加工工程(Biomizer)

・フィーレマシーン
魚体表面を殺菌し
ネットや刃からの二次汚染を防止する。
・ベルトコンベアー
魚体表面の殺菌
ベルトからの二次汚染を防止する。
・成型
Biomizerを定期的に散布
・洗浄機
成型御もう一度Biomizerにてシャワー

カ.海外でのテスト風景(ノルウェー)

鮭の洋上養殖(イケスの直径は400m)

ドラメンでの鮭の陸上養殖テスト(水量300t)
調整タンク
ここでECOMIZERの濃度が調整され養殖池へ送られる
Biomizerを用いた鮭ジラミの駆除、
沖合の船にBiomizer生成装置が設置されている

(3)Biomizer/ECOMIZERによって管理された海外の工場(イラン鶏と殺場内)

前処理加工機
前処理加工機
ベルトコンベヤー(大)
ベルトコンベヤー(小)
搬送用コンベアー
鶏の足集積所

(4)Biomizer/ECOMIZERによって管理された海外の工場・豚の屠畜場(ベトナム)

屠畜場の消臭(衛生管理)
屠畜場の衛生管理

5.Biomizer(酸性電解水)食品添加物(厚労省告示第212号)認定までの経緯

Biomizerは食品添加物指定条件に入っています。

6.装置設置に関する資料

UH-1 Bio 生成器
殺菌生成プラント概要図

7.食品関係導入及び試験実績表(1998~2021)